読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暗夜の自軍ユニット使用感

暗夜ハードで使用した自軍ユニットの使用感を書いてみました。

 

カムイ:ダークプリンス→ダークブラッド
剣士っぽい能力。
序盤は素早さだけが取り柄だけど、神竜石と竜の呪いを入手してからが本番。
特に神竜石はゴーレム撃破に有用。
石を使えば、3すくみに囚われない壁としても運用でき、嬉しい。

フェリシア:メイド
高い魔力で爆炎手裏剣を乱れ撃ち。
高火力連続攻撃で突破力は最高クラスだが、すぐ死ぬので注意。

アクア:歌姫
再行動の重要性は高く、余裕で一軍。
反面、戦闘力は申し訳程度。
薙刀装備はあくまで護身用です。
耐久力は全く伸びないが回避率はぐんぐん伸びるので、運が良ければ狙われても生き延びることができる。
アクアとの結婚は戦闘力の面で損失だが、外伝が一気に2章も解放されるのはオイシイ。

エルフィアーマーナイト→ジェネラル
カチンコチンの防御力を持った、今作最重要のキーキャラクター。
エルフィ抜きでは突破できなかったステージも多い。
槍で大抵の魔導士は突き殺せる。
一方で、何故かHPは大して伸びないので、過信すると殺される。
カウンターや死の吐息など、装甲では何ともならないスキルに注意。

ゼロ:シーフ→ボウナイト
間接攻撃要員、対天馬騎士要員、捕獲要員、鍵開け要員、と重要ポストを総舐め。
魔防は高いが魔法には相性が悪い。

オーディン:ダークマージ→ソーサラー
クラスチェンジしても魔法しか使えないのはちょっと…
突出した能力があるわけでもなく、戦闘ではぱっとしない。
一応、物理攻撃で即死しない魔法ユニット、というオリジナリティはあるが…
魔導士なのに力が伸びるのも非効率。
侍にクラスチェンジした方がいいのかもね。

カミラ:レヴナントナイト
10章のヒーロー。
その後も他のユニットのクラスチェンジまでは、軍の窮地を救ってくれるジェイガンとなる。
魔力は伸びないので魔法を使える意義は薄い。
終盤は銀の斧を持って忍者を殺戮。
速さが28で伸び止まってしまうのがとにかく痛い。

ラズワルド:マーシナリー→ブレイブヒーロー
体力がぐんぐん伸びる、暗夜ではレアな人材。
ただ、前作に比べて、耐久力や速度を中心に下方修正が入っており、常に速い兵種から追撃されて死ぬ危険性がありうる。
傭兵自体がが前作で強すぎた兵種なので、反動で調整が入ったのかな?
それでも、すぐ死ぬ奴らばかりの暗夜軍の中では、それなりに生き残れるラズワルドの存在は有難い。

ピエリソシアルナイトパラディン
よく追撃されて死ぬ、遊撃槍要員。
従来のバランスの良い騎兵とは違い、かなり力を偏重したパラメータ。
貴重な槍要員だが、魔導士に対してはフェリシアの魔殺しで十分だし、剣士に対しては追撃されて死ぬので、いつ活躍させればいいのか良く分からない。

レオンダークナイト
初期上級職なので経験値の節約になる。
但し、全然速さが伸びないので、常に被追撃死の危険に怯えながらの運用を強いられる。

オフェリア:ダークマージ→ソーサラー→ストラテジスト
耐久を減らした代わりに速度を上げたオーディンのような存在。
敵にサクサク追撃できるので、殲滅力は抜群。
ストラテジストになれば、杖が使用できないというソーサラーの弱点を無視できる。

エポニーヌ:シーフ→アドベンチャラー
HPが20台止まりの紙耐久少女。
ゴーレムの投石で即死するのには驚愕。
魔力が伸びるので、アドベンチャラーにすればシャイニングボウの連続攻撃で敵を瞬殺できる。

ソレイユ:マーシナリー→ソシアルナイト→グレートナイト
ラズワルドとピエリが親だったため、とんでもない馬鹿力のユニットになってしまった。
耐久力もまあまああるため、臨時の壁として使用可能。
遅くて力が強いことを活かし、攻陣の後衛としても使える。
また、子世代の女性キャラと支援が組めるのも強み。

フォレオ:ロッドナイト→天馬武者→金鵄武者
空中からシャイニングボウを連打して、物理系兵種をガンガン刈り取ってくれる。
これは強い!
「敵から攻撃された場合に与ダメ増加」という固有スキルを持つが、基本的には敵から攻撃された時点で即死している。

広告を非表示にする