読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴェスタリアサーガ プレイ日記1

フリーゲーム「ヴェスタリアサーガ」をプレイしてみました。

トラキア以前のファイアーエムブレムを作られていた方のゲームということでかなり楽しみにしていた一作ですが、予想通りの面白さで嬉しい限りです。

内容も、もう一つの進化を遂げたファイアーエムブレムという感じで、本家と似ているようで決定的に違う点があるのも興味深いところ。

とても面白いゲームだったので、序盤を遊んで印象に残ったユニットと、各章の感想を書いてみました。

 

特徴的なユニット

ゼイド

f:id:throneroom:20160912204304p:plain

やたらカチンコチンな王子様。

このシリーズの王子様と言えば、マルスやリーフなど軟らかいユニットが多いイメージだが、ゼイド君はどういうわけか守備が一番伸びる。

このゲームでは守備が10を少し超えている程度で序盤の攻撃は凌げるため、彼の存在はかなり有難い。

 

ブロディ

f:id:throneroom:20160912204301p:plain

ミスター「可憐な花」。

隣接ユニットの守備・魔防を3上げるという能力が強く、暗夜王国エリーゼの「可憐な花」と同様の運用ができる。

前線に出るとすぐ死ぬエリーゼとは違い、アーマーナイトの彼は前衛に行きやすいので、かなり有難い。

取得経験値が1.5倍になる「勤勉」のスキルも強く、これのお陰でとんでもない勢いでレベルが上がる。

ただ、パラメータ上限が低いのが難点で、上級職レベル1の時点で既に力・速さが頭打ちなのはさすがにキツい。

 

メルディ

f:id:throneroom:20160912204307p:plain

スキル「俊足」の効果で移動力が9もある超速少女。

村の防衛、買い物、敵からの逃走などに大活躍してくれる。

回避率が他のユニットの3倍ぐらいあるのも嬉しい点。

ブロディと同じくパラメータがすぐに頭打ちになるのは気になる。

 

シーラ

f:id:throneroom:20160912204308p:plain

壁越しに戦うような場面では欠かせない戦力。

本作では弓自体が割と強く、特にたった600Dで買える連続攻撃武器「盗賊用連射弓」が強力。

これを持てば、高い速さと移動力を武器に、敵をガンガン倒してくれる。

 

シーゼル

f:id:throneroom:20160912204310p:plain

能力自体は平凡だが、本作では魔法がかなり便利。

炎魔法は歩兵に特効、風魔法は騎兵に特効、というように特効範囲がやけに広く、彼の魔法にかかればほとんどの敵は一撃で倒せる。

 

各章の感想

序章:王女と公子

f:id:throneroom:20160912203333p:plain

 

最初の章なのに、民家の訪問・船舶の護衛・盗賊の撃破と、やることが盛りだくさん。

民家はある程度無視しつつ、最初から港の方に走らないと、トルキア船を防衛しきれない。

海上から海賊が船を攻撃するので、アトル王女を囮にして海賊を陸地に釣り出し、船を守り切った。

 

1章:ゼイドの出撃

f:id:throneroom:20160912203339p:plain

 

この章も、村2軒を山賊から守る必要があるので忙しい。

ナイトのトロイが山賊を瞬殺できるほどに強く、彼に頼り切ってクリアした。

 

2章:海賊の島

f:id:throneroom:20160912203341p:plain

 

序盤はターン制限があるため忙しいが、中盤以降はゆっくりできる章。

山賊がチビチビ湧いてくるので、それを狩って稼ぎができる。

 

3章:ガラキア討伐

f:id:throneroom:20160912203343p:plain

 

村を守り、部族領を訪問し、鉱山都市を開放し、帝国将軍と戦い、ガーディアンを倒し、…とやることがいっぱいの章。

崖や山が多く、騎兵や重騎士中心の軍だとなかなか苦労する。

ただ、川や鉱山などのせいで狭い道が多いので、敵をせき止めるのは簡単。

 

4章:闇の咆哮

f:id:throneroom:20160912203345p:plain

 

めちゃくちゃ増援が出てくる章。

洞窟から20ターンほど増援が湧き続けるため、武器の残量もプレイヤーの精神力もすり減る。

多くのユニットを即死させるほど高威力な斧「カーリーアクス」を持った増援が出現即行動したり、宝箱を取りに行くと火竜に焼かれるなど、死亡ポイントは多い。

 

5章:ベネキア動乱

f:id:throneroom:20160912203346p:plain

 

敵の長距離攻撃に蜂の巣にされる章。

射程3~7の砲台「アーバレスト」、魔法なのに射程2~3の「ニーマ」、同じく槍なのに射程2~3の「ジャベリン」など、数々の理不尽がプレイヤーを襲う。

30ターンの制限があるので、悠長に敵の弾切れを待っている暇もない。

シーラで壁越しに間接武器持ちを撃破しつつ、6連扉をチェザルで地道に開けて突破した。

 

6章:クラルの山道

f:id:throneroom:20160912203349p:plain

 

勝手に進む馬車を護衛する章。

馬車は速さゼロなので、ひとたび標的になれば追撃されてほぼ即死。

出撃人数は7人で馬車の移動力は4なので、一本道の山道にユニット4人を並べて馬車を停止させつつ、残り3人で山賊たちを撃破してクリア。

 

7章:魔女と貴公子

f:id:throneroom:20160912203351p:plain

襲ってくる敵に反撃してはいけない章。

攻撃力を持たないシスターたちを前線に一列に並べて侵攻する、異例の作戦を余儀なくされた。

北部の草原では連続攻撃武器持ちの弓騎兵が暴れまわっており、凄く危険。

広告を非表示にする