リズム天国ザ・ベスト+ パーフェクト難易度評価

リズム天国ザ・ベスト+」のパーフェクトキャンペーンを(大体)クリアしたので、特にパーフェクトを取るのが難しかったゲームの上位10位を書いていこうと思います。

ファイナルリミックスが難しいのは当然すぎる話ですので、それ以外のゲームのみを書いていきます。

 

10位:ケロケロナイト

1曲が長く、ボタン入力の機会が多いので、1度もミスをしないという事が難しいです。

個人的には「ハッハーイ」でテンポを崩され、次の入力でミス、というパターンが多かったです。

 

9位:くしざし

本編で殆ど登場しないゲームですので、音楽を覚えておらず、パーフェクトを取るのに苦労してしまいました。

特に、終盤に出てくる3連符でミスが嵩みました。

Wii版の経験者なら簡単にクリアできるのかもしれませんね。

 

8位:カメレオン

中盤以降、黄色い虫が良く分からない方向から登場するため、どのタイミングでボタンを押すべきかの判断がつきづらくなり、ミスに繋がります。

結果的に、常に1小節あたり4回のテンポでAボタンを押し続けることにより、クリアできました。

 

7位:元祖はたらくまんじゅう

ボタン入力の機会は計25回程度。

この内、16回目と23回目は3連符を含むリズムとなっており、結構ミスをしてしまいました。

また、17回目から20回目までは覚えるリズムの長さが通常の2倍となっており、どうしても記憶に穴ができてしまいます。

どうしようもなくなったら、降ってくる玉を見て目押しですかね。

 

6位:カラテ家の父

「帰ってきたカラテ家」と比べて新ルールが2つも採用されているため、かなり難しく感じました。

キックとコンボで、どちらがAボタンでどちらがBボタンなのか分かりづらく、混乱してしまいます。

結局、キックとコンボの出現タイミングを大体暗記できるまでゲームを繰り返しプレイして、やっとクリアできました。

 

5位:レフトリミックス

シューティング・リズム脱毛・犬忍者の3ステージが鬼門。

シューティングはリズムがバックミュージックとイマイチ噛み合っておらず、入力が妨げられます。

リズム脱毛は本編よりテンポが速く、高速で入力しようとして失敗することが多々ありました。

犬忍者も本編より高速で入力が求められます。犬忍者自体はそれほど難しくないのですが、シューティングとリズム脱毛のせいでノーミスで犬忍者まで到達することが難しく、練習の機会が不足してしまうんですよね…

 

4位:スーパータップ

左足2連打に素早く反応しなければならないのが難しいです。

反射神経だけでは対処しきれなかったので、結局左足2連打の出現タイミングを暗記することで対処しました。

テンポアップ後に3回出現することが分かっていれば大丈夫。

 

3位:マッスル人形チャンピオン

スーパータップと同じく、早い「ワンツー」が鬼門。

こちらも合図の後すぐに入力をしなければならないため、反応が間に合いません。

やはり、サビ前の2回・サビ中の8回・最後の1回の「ワンツー」出現タイミングを暗記し、クリアしました。

画面全体が黒かったり白かったりする時に突然合図が飛んでくるような不意打ちもあり、油断ならないゲームです。

 

2位:マシーンリミックス

リズム脱毛で素早い入力が求められるのですが、これが何度やってもうまくいきません。

上記のゲームと違って、マシーンリミックスは未だにクリアできていないんですよね…

もうちょっとでうまくいける気がするんですが…

 

1位:ウラオモテ

全く突破の兆しが見えないゲーム。

リメイク前より入力タイミングがシビアになっており、難易度が激増しています。

というのも、少しタイミングをミスると「ピコッ」という音がするのですが、本作ではこの「ピコッ」がミス扱いとなっているのです。

これは、まあ… 無理ですね。

広告を非表示にする