ファイアーエムブレムif 白夜王国ルナティック(遭遇戦禁止) 攻略日記2

無章「その手が拓く未来」

カムイとタクミで普通にクリア。


1章「暗夜の同胞」

マークス兄さんはルナティックでもハードと殆ど変わらない強さ。

新紋章の前日編のジェイガンなど、難易度によって露骨にパラメータが変化したのに…


2章「魔剣ガングレリ」

回復エリアに引きこもって、攻陣を組みつつ敵に対処。

スズカゼはカムイと戦わせたくないので、ギュンターの槍で真っ先に刺し殺す。


3章「旅立ちの刻」

ハードでフェリシアが殺された失敗を活かし、天馬武者の増援に最大の注意を払う。

今回はジョーカーが仲間だが、こっちの方がHPも守備も高く、天馬武者の攻撃に割と耐えてくれた。


4章「白夜の同胞」

使用予定のリンカをカムイと隣接させて有効度を稼ぎつつ、カムイでノスフェラトゥを切り刻む。


5章「母と子」

ルナティックになって難易度が跳ね上がったステージ。

カムイだけでは敵を捌ききれなくなっているので、他のユニットにも頑張ってもらわないといけない。

マーシナリーはさすがにカムイでしか相手できないが、ダークマージの方はサイラス+リンカで何とか倒せる。

ドラゴンキラー持ちのマーシナリーは、HPの薬とサクラの支援で耐久力を上げたカムイで受け、反撃で倒す。

中央の銅像の右下の1マス通路を塞ぎつつ、何とかクリアした。


6章「光に手を伸ばす」

大して強くない暗夜王族とのバトル。

タクミやリョウマで敵を足止めしつつ、カムイでとどめを刺してクリア。

 

ここまでのまとめ

序盤の方はハードでもルナティックでも難易度があまり変わらないんですね。

5章だけは多少苦戦しましたが、他は基本的に簡単に突破できました。

広告を非表示にする